アクセス リンク
Asian Breezeを読んでみませんか?
Asian Breeze

県内の施設で無料配布中。定期購読も受付けております。
詳しくはこちら


お知らせメール登録
KFAWのイベント情報をお知らせいたします。(半角英数で記入)
※携帯メールの登録は不可。

サポーター募集 賛助会員募集 Facebookページ
HOME >> KFAWについて >> アジア女性交流・研究フォーラムについて

KFAW(アジア女性交流・研究フォーラム)について

アジア女性交流・研究フォーラムとは?

↑ 事業紹介パンフレットダウンロード

(公財)アジア女性交流・研究フォーラムは、1990年10月に、日本およびアジア地域の女性の地位向上を目的として設立された団体です。日本およびアジア地域の女性のエンパワーメント、男女共同参画を目指し、「まなびあう」「ふれあう」「たすけあう」をテーマに、事業活動を展開しています。


市民の参加
市民とともに学ぶ組織として、事業活動への市民参加を進めます。

女性問題への総合的接近
広く、深く、かつ総合的に女性問題をとらえていきます。

新たな都市個性の創造
国際交流、国際協力を通じて、北九州市の新たな都市個性を創造していきます。

グローバルな視点
アジア地域の多様性を尊重しつつ、国際婦人年以降の世界の目標である「平等・開発・平和」の実現に貢献します。



シンボルマーク


アジア女性交流・研究センターロゴマーク

 (公財)アジア女性交流・研究フォーラムは英語の名称を、Kitakyushu Forum on Asian Women(KFAW)といいます。

 (公財)アジア女性交流・研究フォーラムのシンボルマークはフォームは、アジアの"A"、小文字の"a"を表し、女性たちが協力しあい伸びていく様子を表現しています。

 イメージは、無限の可能性です。オレンジは、太陽、女性、アジアを、グリーンは、自然、知性、さわやかさを表しています。



北九州で学ぶ世界のジェンダー行政官たち(JICAセミナー)


 アジア太平洋地域を中心とした女性の地位向上に向けた取組みとして、1992年より、ジェンダー主流化政策をテーマとした研修をJICAから受託して、毎年実施しています。2002年にはJICAから「国際協力功労者賞」を受賞しました。

 これまでに86カ国310名のジェンダー行政担当官が、北九州でジェンダー主流化政策を学び、世界でご活躍されています。(2011年度末現在)


>>これまでの活動報告を見る


国際連合とKFAW


About_UN.jpg

 当財団は、北九州市での活動はもとより、国内外にまでその活動範囲を拡げ、北九州市の女性と他のアジア太平洋地域の女性たちのかけ橋となっています。


 1995年、国連女性の地位委員会(CSW)のオブザーバー参加資格を得てからは、同委員会にオブザーバー参加しています。2002年7月には、九州に本拠地をおくNGOとしては初めて、国連経済社会理事会(ECOSOC)のNGO協議資格を取得しました。


 「国連婦人開発基金(UNIFEM)」の活動を支援するため、当財団は、1992年11月、ユニフェム日本国内委員会を国際婦人年連絡会および(財)横浜女性協会とともに設立し、その正会員となりました。
 1994年7月には、支援組織である地域委員会、ユニフェム北九州の事務局を務めています。

 2011年1月にユニフェムがUN Womenに改変されたことに伴い、地域委員会の名称は、同年4月、UN Women 日本国内委員会 北九州地域委員会(略称:UN Women北九州)に変更されました。


アジア女性会議-北九州


 アジア地域の女性たちが抱える問題をともに考え、相互理解と国際協力を通じてアジアの女性の地位向上を図るため、毎年国内外から専門家を迎え講演、パネルディスカッションなどを開催しています。

  • 平成28年度テーマ「"誰一人取り残さない"世界の実現~SDGs(持続可能な開発目標)の達成のために何ができるか」
  • 平成27年度テーマ「女性の活躍推進に向けて~アジアと連携して」
  • 平成26年度テーマ「女性の働き方としての起業」
  • 平成25年度テーマ「女性の活躍が日本、世界を変える」
  • 平成24年度テーマ「力を合わせよう―女性、女児への暴力をなくすために」
  • 平成23年度テーマ「災害と向き合う―東日本大震災から学ぶ」


拡がる海外とのネットワーク


 当財団は、海外のジェンダー関連組織とのネットワークを構築し、交流協定締結等を通じて、日本及び他のアジア地域のジェンダー平等に関わる問題について、双方の課題や経験について交流を深めています。


男女共同参画センター運営


 北九州市立男女共同参画センター・ムーブの指定管理者を務めています。
2011年度からは新たに、北九州市立勤労婦人センター(東部・西部)の指定管理を行っています。


KFAWのあゆみ


2014 3月 ワールドリポート「"魔法の杖"女子差別撤廃条約を地域に生かそう!」を開催
2月 KFAWスタディツアー「フィリピンで学ぶ国際協力」を実施
第24回KFAW研究員報告会を開催
2013 11月 財団設立20周年記念事業として、第24回アジア女性会議「女性の活躍が日本、世界を変える」を開催
財団設立20周年記念事業として、北九州市・仁川広域市女性団体文化交流会を開催
9月 女子学生のためのキャリア形成プログラムを市内大学3校で試験的に実施(~10月)
8月 DV防止講演会/デートDV予防教育ファシリテーター・フォローアップ講座を実施
7月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
4月 公益財団法人へ移行
堀内光子氏が第6代理事長に就任
3月 第57回国連女性の地位委員会(CSW57)に参加し、パラレルイベント「アジア女性交流・研究フォーラムのデートDV/DV防止に向けた取り組み」を開催
2月 ワールドリポート(第5回日韓セミナー)「日韓米の多文化共生」を開催
2012 12月 第23回KFAW研究員報告会を開催
女子学生のためのキャリア形成プログラムの作成に着手
11月 第23回アジア女性会議「力を合わせよう―女性、女児への暴力をなくすために」を開催
7月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
3月 米・ニューヨークで開催された第56回国連女性の地位委員会(CSW)に参加し、パラレルイベント「日本の農村女性のエンパワーメント―経済のグローバル化と東日本大震災の影響下で」を開催。主席研究員他が報告
1月 ワールドリポート「東アジアの若者はいま―日本のマンガ文化を中心に」を開催
2011 11月 第4回日韓セミナー「子育て支援ネットワーク―日韓比較」を開催
第22回アジア女性会議「災害と向き合う―東日本大震災から学ぶ」を開催
9月 韓国・仁川発展研究院を訪問し、交流・協力協定を締結
学術交流協定締結機関 韓国・忠清南道女性政策開発院(CWPDI)を訪問
8月 デートDV予防教室講師派遣事業を実施(~2012年3月)市内高校、大学等の約5,000人を対象
7月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
4月 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ、北九州市立東部勤労婦人センター、北九州市立西部勤労婦人センターの指定管理者となる。
3月 米・ニューヨークで開催された第55回国連女性の地位委員会(CSW)に参加し、「日本の農山漁村女性のエンパワーメント」というテーマのもと、パラレル・イベントで主席研究員が報告
1月 北九州市立大学と共催で、国際シンポジウム「国際結婚と多文化共生」を開催
KFAWデートDV予防教育ファシリテーター養成講座を実施
2010 11月 KFAW海外通信員が市内高校を訪問し、国際交流プログラム「米国流 充実した高校生活のコツ教えます」を開催
第21回アジア女性会議「世界の子育て―子ども・親・社会のカタチ―」を開催
10月 東アジア学会20周年記念大会にて、賛助会員として表彰される
ワールドリポート「定住外国人女性と地域社会~わたしたちにできること」を開催
9月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
7月 大連市婦女連合会から「北九州市男女共同参画センター設立15周年」を祝すメッセージが届く
6月 韓国・忠清南道女性政策開発院(CWPDI)で、第3回日韓共同セミナー「韓日の女性の地域における政治参加の拡大政策」を開催
中国・大連市婦女連合会を訪問。今後の交流について協議
3月 米・ニューヨークで開催された第54回国連女性の地位委員会(CSW)に参加し、韓国・忠清南道女性政策開発院(CWPDI)と共同セミナー「女性のエンパワーメントに向けた取組みと課題~日本と韓国の経験から」を開催
2月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー(B)」を実施(JICA委託事業)
2009 11月 韓国CWPDIと学術交流協定を締結(於:韓国公州市、CWPDI会議室)
第20回アジア女性会議「現在、世界の女性たちは~北九州から世界を視る」を開催
仁川社会福祉協議会(11名)がKFAW、ムーブを訪問
10月 在日シンガポール大使館と共催で国際セミナー「シンガポールの女性はいま」を実施
9月 北九州市・大連市友好協定30周年記念チャーター便で、大連市婦女連合会一行がムーブ(KFAW)を訪問
第2回日韓国際シンポジウム「大地から食卓へ―ジェンダーの視点で食の安全を考える」を開催
8月 北九州YMCAとロシア・チェリャビンスク国立大学東洋学科学生一行(7名)との交流プログラムを実施
在福岡アメリカ領事館と共催でサマーセミナー「ミッシェル・オバマ:アメリカを変革するファーストレディー」を開催
7月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー(A)」を実施(JICA委託事業)
6月 ジェンダー関連研究者のネットワークのキックオフ(KFAWアジア研究者ネットワーク)
3月 三隅佳子氏、会長を退任し、顧問に就任
北九州ESD協議会事務局が北九州市環境局に移管される
米・ニューヨークで開催された第53回国連女性の地位委員会(CSW)に参加し、KFAW主席研究員が「東アジアにおけるケアネットワークの必要性」のテーマで意見発表を行う
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
2008 11月 忠清南道女性政策開発院(CWPDI)と共催で第1回日韓国際セミナー「日本と韓国における移住女性の現在―その文化的葛藤と健康問題」を開催
第19回アジア女性会議「地球を食べる、地球で食べる―あなたは食を通して何を考えますか?」を開催
9月 財団設立15周年記念講演会「アジア・太平洋地域の女性の現状」を実施
6月 韓国・忠清南道女性政策開発院(CWPDI)主催の国際会議に参加、吉崎KFAW理事長が「女性の能力開発―日本における女性の現状と職業開発」について講演(於:韓国Baekseok大学)
「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
5月 仁川YWCAの一行(11名)が来北
4月 KFAWアジア研究者ネットワーク立ち上げの準備をする
3月 海外ネットワークづくりの第一歩として姉妹都市の韓国・インチョン広域市を訪問
1月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託業務)
2007 12月 在福岡アメリカ領事館とミャンマー民主化講演会「ミャンマーにおける女性の人権侵害の現状とアウン・サン・スーチー氏の民主化運動」を共催
11月 第18回アジア女性会議「つながる ひろがる 地球の未来―次世代のために この指とまれ」を開催
10月 持続可能な開発のための教育(ESD)をテーマにスタディーツアー(韓国)を実施
6月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
4月 原ひろ子氏が顧問に、三隅佳子氏が第2代会長に、吉崎邦子氏が第5代理事長に、それぞれ就任
北九州ESD協議会の事務局となる
3月 「アボリジニ女性のエンパワーメントとアートを活かしたまちづくりスタディーツアー(オーストラリア)」を実施
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
2006 12月 国連大学から持続可能な開発のための教育を推進するため、北九州市が「地域の拠点(RCE)」に認定される(日本で4番目)
11月 第17回アジア女性会議「公正で豊かな未来を創る~持続可能な開発のための教育とは」を開催
10月 『新聞にみる北九州市女性の100年史 おんなの軌跡 北九州』を発刊
9月 北九州ESD(持続可能な開発のための教育)協議会(44団体)が設立される
7月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
4月 北九州市立男女共同参画センターの指定管理者となる
2月 「ノーベル平和賞受賞者 ワンガリー・マータイさんと語る 北九州市民・環境フォーラム 世界の環境首都をめざして」を開催
「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
1月 「インドで考える女性や子供の人権スタディーツアー」を実施
2005 12月 『北九州市女性の100年史 おんなの軌跡 北九州』を発刊
11月 第16回アジア女性会議「歴史を拓いた女性たち」を開催
6月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
2月 第49回国連女性の地位委員会(CSW)「北京+ 10」閣僚級会合(アメリカ ニューヨーク)に参加する
「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
2004 11月 第15回アジア女性会議「北京+10に向けて 人間の安全保障とジェンダー すべての人びとの人権と安全を保障する社会をめざして」を開催
6月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
3月 国連アジア太平洋経済社会委員会ハイレベル会議(タイ バンコク)に参加
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
2003 10月 財団設立10周年記念式典開催・功労者表彰
第14回アジア女性会議「女性のエンパワーメントとICT(情報コミュニケーション技術)」を開催
6月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
2002 10月 第13回アジア女性会議「ジェンダーに公正で持続可能な社会のために~草の根から未来への提案」を開催
8月 「持続可能な開発に関する世界首脳会議」(ヨハネスブルグ・サミット)に参加(KFAWの主任研究員は日本政府代表の顧問を務めた)し、各国女性NGOとワークショップを開催した
7月 国連経済社会理事会のNGO協議資格を九州で初めて取得
国際協力事業団(JICA)国際協力功労者賞を受賞
6月 「ジェンダー主流化政策のための行政官セミナー」を実施(JICA委託事業)
4月 北九州市立女性センターの名称を北九州市立男女共同参画センターに変更する
3月 第46 回国連女性の地位委員会(CSW)(アメリカ ニューヨーク)に参加する
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
2001 11月 第12回アジア女性会議「自分らしく健康に生きる~ジェンダーを超えて~」を開催
7月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
4月 理事長制から会長制へ移行、初代会長に原ひろ子氏就任、第4代理事長に三隅佳子氏就任
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
2000 11月 自治大臣表彰「世界に開かれたまちづくり」を受賞
9月 第11回アジア女性会議「女性は提言する、アジア太平洋の環境問題解決のために」を開催
7月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
1月 女性起業家スタディツアー実施(米国:サンフランシスコ)
1999 11月 第10回アジア女性会議「男女共同参画の世紀を拓く~女性2000年会議とその後~」を開催
7月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
4月 ジャパンソサエティ地方政治・公共政策フェローシップ研修事業受け入れ
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
1998 11月 第9回アジア女性会議「ジェンダーの視点の主流化をめざして~アジアの持続可能な発展のために~」を開催
10月10日 財団設立5周年記念事業実施
7月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
3月24日 第3代理事長に高橋久子氏就任
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
1997 11月 第8回アジア女性会議「女性と教育」を開催
9月 客員研究員制度発足
7月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
2月 「環境と開発と男女共同参画セミナー」を実施(JICA委託事業)
1996 11月 第7回アジア女性会議「女性とメディア―女性の地位向上のために―」を開催
7月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
2月 「環境と開発と女性セミナー」実施(JICA委託事業・以後毎年実施)
1995 11月 第6回アジア女性会議「女性と労働―女性のエンパワーメントをめざして―」を開催
9月 国連婦人の地位委員会のオブザーバー参加資格を得る。国連第4回世界女性会議にオブザーバー参加する。また、NGOフォーラムにも参加し、ワークショップを開催する。
7月 北九州市立女性センター・ムーブの設立
「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
6月22日 第2代理事長に奥田八二氏(前福岡県知事)就任
4月1日 北九州市から北九州市立女性センターの管理運営業務の委託を受ける
1994 11月 第5回アジア女性会議「女性と家族―家族の民主化とより豊かな男女の共生関係を求めて」を開催
7月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
2月 高橋久子氏が最高裁判所判事就任のため理事長を辞任
「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
1993 11月 第4回アジア女性会議「地球の未来と人口」を開催
10月1目 労働省認可の財団法人アジア女性交流・研究フォーラム設立(理事長 高橋久子)
2月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」を実施(JICA委託業務)
1992 11月 国連婦人開発基金(ユニフェム)の活動を支援するための組織として、ユニフェム日本国内委員会を国際婦人年連絡会および財団法人横浜女性協会とともに設立し、その正会員となる。
第3回アジア女性会議「環境と開発と女性」を開催
3月 「女性の地位向上のための行政官セミナー」実施(JICA委託事業・以後毎年実施)
1991 12月 第2回アジア女性会議「政策決定における女性」を開催
5月 海外通信員制度発足(以後毎年実施)
3月 第1回アジア女性会議「アジアと女性の今」を開催(以後毎年開催)
情報誌『Asian Breeze』創刊号発行
1990 10月20日 アジア女性交流・研究フォーラム設立(理事長 高橋久子)
6月~9月 第1回アジアセミナーを実施 (以後毎年実施)
1989 12月26日 基本構想委員会が、組織の正式名称を「アジア女性交流・研究フォーラム」とすることを提言し、名称が決定する。
11月1日 「アジア女性フォーラム基本構想委員会」設置
8月23日 北九州市の「自ら考え自ら行う地域づくり事業(ふるさと創生事業)」として「アジアの女性の研究・研修システム(仮称)アジア女性フォーラム」が101の案の中から選定