HOME >> 海外通信員 >> 第29期 海外通信員

第29期 (2019-2020年)


名前 国名 プロフィール
サキア・ハクさん
Ms. Sakia HAQUE
バングラデシュ 私、サキア・ハクはダッカ医科大学を卒業した医師です。バングラデシュ・トラベレッツという、3万3千人の女性会員を持つ組織を運営しています。組織のモットーは旅を通じて女性を力づけることです。私は、モーターバイクで国中を旅して回った最初の女性です。国中で4万人の女子と交流し、月経衛生について話し、自分の身を守るためのワークショップを開いています。私たちの活動は非営利で、多くの人から賞賛されてきました。2018年には名誉あるジョイ・バングラ・ユース賞を受賞しました。
ディシャーニ・セナラトネさん
Ms. Dishani SENARATNE
スリランカ 私の名前はディシャーニ・セナラトネといい、スリランカ出身です。“執筆する鳩(Writing Doves)という、民族と宗教を尊重する価値観を教え込むために子供向けの話を3か国語で出版する非営利組織のプロジェクト責任者を務めています。このプロジェクトは在スリランカ・アメリカ大使館から小規模助成金として資金供与を受けており、スリランカで最も深く根付いた地域密着型の開発組織ネットワークであるサルボダヤが管理しているものです。私は以前は、スリランカの州立大学で英語を教えていました。スリランカのパラデニア大学で英語学士号を、ケラニア大学で言語学修士号を取得しました。私はまた詩人、短編小説作家であり、出版経験もあります。
シャバーナ・マーフーズさん
Ms. Shabana MAHFOOZ
パキスタン 報道ジャーナリズムの経験を持つフリージャーナリスト。金融を中心とした経営学士を有しています。教育分野の経験もあり、幼児教育の研究をしたこともあります。現在は、ジャーナリズムに関する研修やワークショップに従事するかたわら、地方紙、雑誌、外国の出版物に原稿、コラムや特集記事を寄稿しています。女性、社会、宗教や歴史に関する問題に特に関心があり、これらの問題について執筆しています。個人的には結婚しており、息子が二人います。  
スシミタ・マナンダールさん
Ms. Sushmita MANANDHAR
ネパール 私はスシミタ・マナンダールで、12歳の娘の母親です。ネパールの政党、女性議員や市民社会組織と共に働いた長い経歴の持ち主です。アメリカに本拠地を置く国際機関、全米民主国際研究所(NDI)で働き、約18年間、世界中で民主主義を強化する活動をしてきました。私は国レベルから草の根レベルで女性たちと関わり、さまざまなプログラムを策定し、計画し、実行してきました。多くのワークショップ、研修、指導者のための研修、政党の女性議員のためのセミナーなどを企画し、円滑に進め、説明しました。国内にある77郡のうち、67郡を訪問し、女性のエンパワーメントについての研修を企画し実施しました。2017年4月に仕事を辞めてからは、デンマーク政党・民主主義研究所(DIPD)と健康管理サービス(MSH)のフリーコンサルタントとして活動しています。女性と仕事をすること、そして旅に出ることは楽しいです。



第1回リポート



Asian Breezeを読んでみませんか?
Asian Breeze

『Asian Breeze』最新号がダウンロードできます。
また県内の施設でも無料で配布しています。
詳しくはこちら


メルマガ登録
KFAWのイベント情報をお知らせいたします。(半角英数で記入)

Facebookページ
賛助会員募集
アジア女性会議-北九州報告書
アニュアルレポート
サポーター募集
アクセス