HOME >> 海外通信員 >> 第30期 海外通信員

第30期(2020-2021年)

第30期 海外通信員は、インド出身のディシャ・アロラさんに決まりました。

詳しいプロフィールをご紹介します。

名前 国名 プロフィール
ディシャ・アロラ
Disha Arora

 

インド

インド出身。受賞歴のあるフェミニストのドキュメンタリー映画製作者および開発コミュニケーションの専門家。ジェンダーに基づく差別を助長する社会システムやイデオロギーに懸命に取り組んでいます。映画製作を通じて、社会構造(宗教やカースト)が女性の権利に与える影響を浮き彫りにしながら、女性の人権が完全に守られた公正で平和な世界を構築するために社会を変えていこうとする女性たちの物語を伝えています。


インドにおける女性の権利にもっと人々の関心を集めたいという情熱に駆り立てられ、宗教という名のもとに女性の権利が弱められていることをテーマにした「インドの女性と宗教」というドキュメンタリー映画を単独で撮影、監督し、インド初の全国レベルの賞を受賞しました。これまでの9年間、数々の草の根組織や国際非営利団体と協力し、女性に対する暴力、農村教育、ジェンダーの平等、気候変動、都市化の影響などの社会問題に取り組んでいます。

 

第1回リポート

水が与える苦難-ディシャ・アロラ(インド)

Asian Breezeを読んでみませんか?
Asian Breeze

『Asian Breeze』最新号がダウンロードできます。
また県内の施設でも無料で配布しています。
詳しくはこちら


メルマガ登録
KFAWのイベント情報をお知らせいたします。(半角英数で記入)

Facebookページ
賛助会員募集
アジア女性会議-北九州報告書
アニュアルレポート
サポーター募集
アクセス