イベント&ニュース

「女性・平和・安全保障に関する行動計画」意見交換会in北九州(2014年5月31日)

**********【終了しました】**********

 このたび、北九州市立男女共同参画センター・ムーブにて、外務省主催(公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラム共催)で「女性・平和・安全保障に関する行動計画」意見交換会を下記のとおり開催することとなりました。

1.日時 2014年5月31日(土)14:00~16:00
2.会場 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ
5階 小セミナールーム
3.主催 外務省
4.共催 (公財)アジア女性交流・研究フォーラム
5.申込 (1) お名前、
(2)(あれば)所属団体、
(3) 電話番号、
(4) メールアドレス、
(5) 本件行動計画に関する意見交換会や少人数グループ会合へのオブザーバー参加など、これまで同種の会合に参加されたことがあるかどうか
以上5点を明記の上、アジア女性交流・研究フォーラム(Email: info@kfaw.or.jp , FAX: 093-583-5195)までメール又はFAXにて5月29日(木曜日)必着でお申し込みください

Flyer_20140531.jpg 現在、外務省では、安保理決議第1325号(女性と平和・安全保障の問題を明確に関連づけた初の安保理決議)等の履行に関する行動計画の策定作業が、関係府省庁、市民社会等と協力しつつ行われています。
 今回の意見交換会は、より多くの方々の御意見を行動計画に反映させるため、地方四都市(沖縄、北九州、京都、仙台)で開催されるもので、2月28日の沖縄での開催に続き、第二回目の地方開催となります。女性・平和・安全保障に関する行動計画に、市民社会の意見を反映させる非常に貴重な機会でございますので、ぜひご参加ください。

女性・平和・安全に関する国連安保理決議第1325号とは

 国連安全保障理事会第4312回会議(2000年10月)で採択された、女性及び女児への暴力に関する初の決議で、国連安全保障理事が初めてジェンダー平等と女性の参画を決めた画期的なものです。
 紛争当事国に、暴力や性的虐待から女性・女児を保護する手段をとるよう、また、和平協定、紛争予防、平和構築支援等、復興や紛争予防に関する全プロセスにジェンダー視点を組み込み、女性を参画させること等を求めています。
 この決議により、武力紛争下・後の女性や女児の経験は特有かつ重大なものであり、国際平和と安全に深く関係していることが広く認識されるようになりました。
 国連加盟国193ヵ国中41ヵ国(2013年7月現在)が、この決議に基づき「行動計画」を策定しています。日本は未策定ですが、本決議の周知徹底、理解を深める教育・訓練の実施、国内計画の速やかな策定等を訴え続けている多くの女性団体の働きによって、第57回国連女性の地位員会(CSW57:2013年3月)の日本政府代表声明に「国内行動計画の策定に向けて前向きに検討」という文言が加えられました。
(参考: 「女性・平和・安全保障(WPS)に関する安保理決議と『行動計画』」(PDF)

事前勉強会

 当意見交換会の開催に伴い、事前勉強会として下記の日程で「ジェンダー視点から考える安全保障」が開催されます。安保理決議1325号国内行動計画について、より理解を深めたいと思われている方は、ぜひご参加ください。

1.日時  2014年5月29日(木)18:30~20:30

2.場所  福岡市立婦人会館 あいれふ8階 視聴覚室A

話題提供者:本山央子さん(1325NAP市民連絡会コーディネーター)

申し込み方法など、詳しくは案内チラシ[PDF] をご確認ください。

2014/15年度 客員研究員 委託研究 募集

**********【終了しました】**********

調査・研究の強化、充実のため、平成9年度に設置し、平成15年度からは公募制としました。これまでに、ジェンダーの視点から、健康、労働、エンパワーメントなどをテーマに、28組の客員研究員が研究を行ってきました。平成26年度における研究は、平成25年12月に策定した第3次北九州市男女共同参画基本計画(下記URL参照)を踏まえたテーマで研究を行うこととします。

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000163088.pdf

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000163089.pdf

募集内容

1.募集人数 2名(組)(予定)
2.契約期間 2014年7月~2015年12月
3.研究分野 高齢社会の進展に伴う女性の就業上の課題、女性に対するあらゆる形態の暴力の根絶など、あらゆる分野の課題について、日本を含むアジアに関してジェンダーの視点から調査研究するもの。
4.応募方法 下記の書類を、郵送あるいは持参のこと。 2014年5月30日(金)17時必着
(1) 応募書式 1通
(2) 研究テーマに関連する最近の業績 1篇

提出書類送付先

〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番4号 北九州市大手町ビル3階
(公財)アジア女性交流・研究フォーラム 調査・研究ライン
Tel (093) 583-3434, Fax (093) 583-5195
E-mail research@kfaw.or.jp

*募集内容、応募資格など、詳しい内容については以下からダウンロードしてください。

第24期KFAW海外通信員募集

**********【終了しました】**********

 (公財)アジア女性交流・研究フォーラム(KFAW)は、アジア・太平洋地域諸国を中心とした海外における女性の状況についての情報収集を行うとともに、ネットワークを拡げることを目指して、世界各国から毎年一定のテーマのもとに海外通信員を募集し、現地の最新情報をリポートしてもらっています。

  あなたの住んでいる地域で、固定的に「女性/男性の役割」とされている慣行や習慣はありませんか。家族、子育て、仕事など、日常生活において、どうしたら固定観念から解放され、男女がともにいきいきと活躍できるようになるのか、リポートしてください。

 皆さまからのご応募をお待ちしております。

1.募集人数 3名程度
2.応募資格 (1)主にアジア・太平洋地域諸国(日本を除く)在住の方
(2)ジェンダーの視点を踏まえ、日本語か英語でリポートを提出できる方
3.任期 2014年7月~2015年3月
4.応募方法 以下(1)~(3)を2014年5月31日(土)までに、info@kfaw.or.jp宛てに提出してください
(1)応募申込書(プロフィール/自己PR 300字程度)
(2)応募リポート(日本語1,200字、英語600~700 words以内)
(3)リポートに即した写真1~2枚とキャプション(写真のサイズは合計3MB以下にしてください)
5.謝金 8,000円/1リポート (選考を通過し、任期中3回のリポートを全て提出された方のみ)

*募集要項、応募申込書は以下からダウンロードできます。

海外通信員のページへ

第58回 国連女性の地位委員会(CSW58)帰国報告会(2014年4月11日)

**********【終了しました】**********

 2014年3月10日~21日、国連本部(ニューヨーク)で、第58回国連女性の地位委員会(CSW58)が開催されます。CSWでの決議は、世界の女性政策に大きな影響を及ぼすことから、今後の女性政策の最新潮流を知るための最も重要な指針です。

 今回の帰国報告会では、CSW58の全体テーマの説明や、日本政府が報告する防災・復興における男女共同参画の推進の詳細など、分かりやすくご報告します。



Flyer_20140411

1.日時 2014年4月11日(金) 18:30~20:00
2.場所 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 5階
小セミナールーム
3.プログラム 1. CSW58全体説明
2. CSW58サイドイベント「ジェンダー平等と女性のエンパワーメント:災害に強い社会の鍵」
3. 2015年国連防災世界会議@仙台について
4.講師 織田由紀子(北九州サスティナビリティ研究所研究員、前KFAW主席研究員)
二宮正人(北九州市立大学法学部教授)
5.対象 どなたでも
6.定員 50名(先着順)
7.参加費 無料
8.託児 6カ月~未就学児 1人500円
(託児をご利用の方は、催事5日前までにお申込みください)
9.申し込み 電話 FAX、Email

、またはこちらのお申込みフォームよりお申込みください
  ・電話 093-583-3434
  ・FAX   093-583-5195
  ・Email  info@kfaw.or.jp

公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラム(KFAW)
任期付研究員募集

**********【終了しました】**********

公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラムでは、任期付研究員を募集します。

詳しい内容は下記の募集案内をご覧ください。

イベント&ニュース
Asian Breezeを読んでみませんか?
Asian Breeze

『Asian Breeze』最新号がダウンロードできます。
また県内の施設でも無料で配布しています。
詳しくはこちら


メルマガ登録
KFAWのイベント情報をお知らせいたします。(半角英数で記入)

Facebookページ
賛助会員募集
アジア女性会議-北九州報告書
アニュアルレポート
サポーター募集
アクセス