HOME >> 活動報告 >> KFAWアジア研究者ネットワーク開催セミナー

KFAWアジア研究者ネットワーク開催セミナー

KFAWアジア研究者ネットワークセミナー 2012年度 第1回(2012年8月31日)
「アウンサンスーチーとミャンマー政治の新たな展開」

1.日時 2012年8月31日(金) 18:30~20:30
2.場所 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 5階小セミナールーム
3.講師 北九州市立大学地域創生学群 伊野憲治 教授
4.参加者 50名

 2011年に軍事政権が解散し名目上は民政に移行したミャンマーでは、2015年に次期総選挙が実施されます。ミャンマーの民主化運動指導者で最大野党 国民民主連盟(National League for Democracy、NLD)党首のアウンサンスーチー氏の動向が注目される中、この分野の第一線で研究を行っておられる伊野先生にミャンマー政治についてお話いただきました。

KFAWアジア研究者ネットワークセミナー2012年度第1回(1) KFAWアジア研究者ネットワークセミナー2012年度第1回(2)

【講演資料より】

はじめに

1988年9月~
2011年3月29日
軍政時代
2008年5月29日 新憲法制定
2010年11月7日 総選挙実施
2011年3月30日 新政権誕生、テインセイン(首相)が大統領に、ティンアウンミンウー(国家平和発展評議会[SPDC]第一書記)及びサイマウンカン(シャン人)が副大統領に就任。
2011年11月4日 政党登録法改正
2011年11月13日 アウンサンスーチーを自宅軟禁より解放
2011年11月25日 国民民主連盟(NLD)政党登録を申請
2011年11月30日 アウンサンスーチー、2012年国会議員補欠選挙への出馬表明
2012年4月 アウンサンスーチー、補欠選挙で当選

  ・軍とアウンサンスーチーの雪解けは続くのか?
  ・ミャンマー政治の今後は?
  ・ミャンマーの民主化のゆくえは?


Ⅰ ミャンマー政治の勢力図(国内アクターを中心に)

KFAW_Network_Seminar_Report_2012-1-3.jpg

クリックすると画像を拡大します。



(1)国内アクターの基本的対立図式(図1参照)

 90年代総選挙結果
  軍(SPDC) VS. アウンサンスーチー(NLD)
  軍(SPDC)・連邦団結発展協会(USDA) VS. アウンサンスーチー(NLD)・88年世代

①軍(SPDC)の現状
*民主化・政治に関する基本姿勢(90年総選挙結果の無視、軍主導の民主化、軍の政治的影響力の確保、国民政治の体現者としての軍)+経済的権益
  →一枚岩。
*キンニュン首相失脚(2004)→軍部内での実践派の実権確立。
*独立以降、最も軍部独裁的性格が強い=強硬。
②アウンサンスーチー(NLD)の現状
*アウンサンスーチー中心(アウンサンスーチーが解放されると、活動が活発化)。
*90年総選挙の結果尊重
  →制憲国民会議の否定。
③USDAの現状(一般的見方)
*1993年結成、軍の大政翼賛的組織。
*GONGO(政府が組織したNGO)。
*新憲法下では、政党として政治参加を目指す。
④88年世代
*アウンサンスーチー自宅軟禁中は、民主化運動の実質的活動を担う。
*軍政そのものに対する批判が強い。
*海外の民主化運動組織との関連性も深い。

Ⅱ アウンサンスーチーの思想と行動

1 アウンサンスーチーの主張

(1)政治論的主張

西欧近代民主主義
民主化=国家・国民の大儀→国家・国民の尊厳の回復
経済改革より政治改革が先
体制批判は少ない

(2)道徳論的主張

規律
ビルマ人の悪しき修正の是正
アウンサンのような人間→国家・国民の尊厳の回復

(3)少数民族問題

(4)経済問題

(5)父アウンサンについて

「精神の革命」


2 アウンサンスーチーの目指すもの

(1)現状認識: ①恐れという感情による人々の堕落
②独裁者による伝統・文化・価値の独占・支配
③独裁者によるナショナリズム(愛国心)の悪用〔狭隘なナショナ リズムの鼓舞)
国家・国民の尊厳の喪失
尊厳回復のためには=「第二の独立闘争」「アウンサンの道を歩め」
(2)民主化は、そのための手段=民主化闘争は目的でもあり手段でもある

 

3 どうやって?=アウンサンスーチー思想のバックボーン

(1)父アウンサンから
*「アウンサンの道」=固定したものは無い
*「真理の追究」、国家・国民のために誠実さと忍耐、勇気をもって自らの使命を果たす。
*思想と行動の一致
(2)マハトマ・ガンディーの影響
*「恐れからの解放」「自治の精神」→地方遊説「恐れるな」、規律・自己抑制
*真理の実現の場としての政治=政治と倫理の結合→民主主義・人権の基盤としての「慈悲」、仏教の社会契約説、日常生活での真理の実践
*目的と手段の合一→非暴力・不服従、本来の目的を歪める妥協の拒否
→1990年総選挙結果の尊重
*思想と行動の一致
(3)仏教思想の影響
*ガンディーの「バクティ(愛)」→仏教の「慈悲」
*「慈悲の実践」→「恐れからの解放」
*仏教的社会契約説
*「大多数が認めない命令・権力に対しては、国民の義務として反抗せよ」
*軍事政権に対する、非妥協的とも見える行動

4 アウンサンスーチーの思想と行動の射程

(1)政治と倫理=政治における「慈悲」
(2)「東洋」と「西洋」の調和的融合
(3)民主化へのプロセス:「アジア的価値論」への問題提起・挑戦

5 今回の対応は

・1990年総選挙結果の反故を認める
・しかし新憲法の実質的容認(軍の政治的影響力確保の実質的容認)
・総選挙結果の容認
アウンサンスーチー氏にとっては内部矛盾でもある。

 

Ⅲ 今後の展望

・軍の政治姿勢は?
・アウンサンスーチーの動向は?
・ミャンマー的民主化?

参考資料:アウンサンスーチー略歴

1945年6月19日 ヤンゴン市に生まれる
1945~57年 ヤンゴン市のSt.フランシス修道会学校で学ぶ。
1957~60年 ヤンゴン市イギリス・メソジスト高等学校にて学ぶ。
1960年 在インド・ミャンマー大使に任命された母とともに、インドのデリーへ行く。
1960~61年 デリー市のキリスト・メリー修道会学校で学ぶ。
1962~63年 デリー大学、レディ・スリ・ラム・カレッジで政治学を学ぶ。
1964~67年 オックスフォード大学、St.ヒュー・カレッジで政治経済学を学び、学士号取得。
1968年 ロンドン大学アジア・アフリカ研究所政治学部で、研究助手を務める。
1969~71年 ニューヨーク国連事務局行財政委員会の書記官補を務める。
1972年 マイケル・アリスと結婚。
1972~73年 ブータン外務省研究員を務める。
1975~77年 オックスフォード大学ボーダリアン図書館で、編纂研究員を務める。
1985~86年 京都大学・東南アジア研究センターの研究員を務める。
1987年 インドのシムラで、インド教育省の特別研究員を務める。
1988年4月 母の看病のためヤンゴンへ戻る。
1989年7月20日 自宅軟禁。
1991年7月19日 サハロフ賞受賞。
1991年10月14日 ノーベル平和賞受賞。
1995年7月10日 自宅軟禁から解放。
2000年9月21日 逮捕、自宅軟禁。
2002年5月6日 自宅軟禁解除。
2003年5月30日 保護、自宅軟禁。
2008年5月10日 新憲法に関する国民投票実施。→新憲法承認。
2010年11月7日 総選挙実施。
2011年3月30日 新政権誕生。テインセイン大統領。
2011年11月13日 自宅軟禁から解放。
2012年4月 補欠選挙立候補、当選。

PDF版ダウンロードpdf.png [186KB]

Asian Breezeを読んでみませんか?
Asian Breeze

『Asian Breeze』最新号がダウンロードできます。
また県内の施設でも無料で配布しています。
詳しくはこちら


メルマガ登録
KFAWのイベント情報をお知らせいたします。(半角英数で記入)

Facebookページ
賛助会員募集
アジア女性会議-北九州報告書
アニュアルレポート
サポーター募集
アクセス