HOME >> 調査・研究 >> KFAW客員研究員

客員研究員研究

研究テーマ

「アジアにおける性的マイノリティーの人権と市民社会:
シンガポール、台湾、日本の比較研究を中心に」


  近年、欧米だけでなくアジアでも、性的マイノリティー(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなどでLGBTと呼ばれる)の権利拡大をめぐるイシューが新たな政治課題となりつつある。わが国では2015年に渋谷区と世田谷区で同性カップルに対して、夫婦に準ずる「パートナーシップ証明書」の交付が実施されることになり、同性婚を含む性的マイノリティーの議論と実践の試みが始まったばかりである。
 本研究は、同性婚や男性どうしの性行為が違法とされているシンガポール、「同性婚法」の策定が進む台湾と、同性婚についての議論がようやく始まった日本を比較し、性的マイノリティーの権利拡大の運動、それを担った市民社会、特に女性団体に焦点を当てて、それぞれの特徴を明らかにする。


平成28/29年度客員研究員

◆田村 慶子

  所属   北九州市立大学法学部教授
  研究分野  国際関係論、東南アジア地域研究


◆疋田 京子

  所属   鹿児島県立短期大学准教授
  研究分野  ジェンダー法学、法理学、アジア法

アクセス
Asian Breezeを読んでみませんか?
Asian Breeze

県内の施設で無料配布中。
詳しくはこちら


メルマガ登録
KFAWのイベント情報をお知らせいたします。(半角英数で記入)
※携帯メールの登録は不可。


サポーター募集
賛助会員募集
Facebookページ